『The Lunatic』の履歴

ちょっと思い立って『The Lunatic』を作り始めてからの大まかな履歴を調べてみました。
大体、次の様な感じ。

1995.12?     ver.1
1997.3?     ver.2
1998.8      ver.3
1999.2      ver.4
1999.10      ver.5
2000.9      ver.6
8年半くらい休眠
2009.10.25    Lite ver.0.3
2010.8.29     ver.7

ver.2以前はたどれる記録がほとんど内から1ヶ月~2ヶ月くらい誤差があるかもしれないけど。
手元にある過去のメールを見るとTRPG.netのsfさんからリンク依頼のメールをもらったのが1997年の4月で、これはルールをWebに公開して1~2ヶ月でメールをもらったこともあって、かなりうれしかったのを覚えています。

ver.3が社会人になってからのものだったというのには自分の事ながら驚きました。『The Lunatic』が一通りちゃんとしたのがver.3からというイメージがあって、学生時代にそのくらいまで作っていたと思っていたんだけど。
でも、改めて過去のメールを見ると1997年くらいから結構いろんな人からメールをもらったりしてるんだよな……。
ver.2系の終わり頃は結構ちゃんとしてたのかな?
スポンサーサイト

昔見た『The Lunatic』のオンライン用ルール

これはブログを始めようと思った時から書こうと思っていた話なのですが、かつて(7~8年くらい前だと思いますが)『The Lunatic』のオンラインセッション用のルールとういうのをWebで見つけた事があります。

その時の一番の印象は、「市販品でもないルールを使おうという奇特な人がいるんだ」というのと、「よくこんな重いルールをオンラインセッションで使おうと思ったな」です。現在のver.7系なら多分オンラインセッションでもこなせると思いますが、そのとき見かけたルールはver.5かver.4系だったはずです。

当然というか、興味をそそられたのでそのサイトは一通り見たのですが、それで更に感心させられました。当然というか、オンラインセッション用にルールを一部改変していたのですが(今となってはその内容を細かく覚えてはいませんが)、ずいぶんうまく修正を入れていたのを記憶しています。いえ、うまく修正しているというレベルではなく、一同人システムに対してこれほどの理解に達しているのかと思うほどのレベルでした。
確か、行動順と複数回行動のルールを簡単にしてあったのと、経験値のルールの修正、戦士用の武技のデータを追加してあったのが大きな修正点だったと記憶しているのでですが、どれも元のルールのバランスを崩していない良くできたものだったという印象が残っています。特に武技の追加データは相当のものでした。

すごく感心した私はそれを作った人の連絡先を探したのですが、残念ながら見つけられませんでした。ただ、ハンドルネームらしきものは書かれていて、それを見たとき、「あ、これを書いたのは後輩のK君だろうな」と直感的したのですが、どうだったでしょうか? いずれにしろK君が元気にしているといいなぁ。

『The Lunatic ver.7』開発開始の理由

もう、1年半以上前になるけど、なぜこのバージョンを作り始めたのかをメモしておこうと思う。

『The Lunatic』自体はオリジナルTRPGでは古いルールで、私が大学2年の終わりか3年くらいのときに最初のバージョンを作った。このバージョンは当時のサークル内でしか公開しなかったけど、次のver2からはWWWに公開してる。で、ver5までは一生懸命やってたんだけど、ver6の途中で一回止めてしまった。これが今調べてみたら2005年の7月くらい。

何で止めてしまったかは何となく覚えている。当時、仕事とかが忙しくなってきてTRPG自体やるのが億劫になったんだ。その上、ver5までのルールは結構重くてルールの作者である自分自身でも運用するのがシンドイなぁ、と思う様になってた。それで、何かやる気がなくなってしまったという訳。あと、転勤になってTRPGをする環境を失ったって言うのも大きかった。

ずっとそんな感じだったんだけど、2009年の夏頃に「困ったちゃんスレ」のまとめサイトを見ていたら妙にやる気が出てきた。「困ったちゃんスレ」って妙に臨場感があって面白いんだよね。それで、ずっと不満だったところを解決しようと思って再開したというのが始まり。

で、そのとき考えたコンセプトがあるから忘れない様に書いておこう。

  1. キャラクター作成を軽くする事
  2. 戦闘中の複数回行動を実現しつつ(これは歴代の前バージョンのコンセプト)簡単な処理にする
  3. 戦闘を中心にして良い
  4. どんなキャラクターも戦闘には参加できる様にする


最初の2つは今の自分でも遊べるルールにしようというだけ。
重要なのは下の2つ。僕は古いゲーマーだから、「戦闘を中心に据えるのは上手いやり方じゃない」とか「戦闘力の無いキャラクターで上手く立ち回るのがベテラン」とかいうのがずっと頭にあった。だから、ルールも交渉とかを戦闘並みに扱える様にすべきだと思ってた。
でも、今回はこの考え方を捨てた。今のところ、これは正解だったんじゃないかと思ってる。『The Lunatic』を再開する様になってからいくつかルールを買ったけど、戦闘を中心に据えたルールも結構多いしね。アリアンロッドとかD&D 4thとか、SW20もかな?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。