ダンジョンマップエディタ

時々思い出したようにダンジョンの地図を書くのに適当なツールはないかな、と思って探すのですが(Macで使える)適当なのが見つかりません。マップチップを使って地図をかけるのはあるのですがちょっと違う。もっとシンプルな壁の線を基本としてかけるようなのが欲しかったのです。

ということで作りました。
ダンジョンマップエディタ

操作は選択したアイコンをグリッド上に配置してゆくだけです。
レイヤ構造を持っているのでそれなりに使えると思います。

もうちょっと画像の種類を増やさないとダメかなぁ。
スポンサーサイト

ダイス電卓

半年近く放置していましたが、久しぶりに更新。
と言ってもTRPG関連というより、プログラムですが。

なんとなく作ってみたくなったのでダイス電卓を作りました。
四則演算と(カッコ)しか使えませんが、式を入力して結果とダイスの内訳を確認できます。

例えば、「3*(D6+D4)+2D10」と入力すると、
結果:31

内訳
ダイス 合計 結果
D6 4 4
D4 2 2
2D10 13 7 6

みたいになります。
式で入力できるのがちょっと便利です(が、TRPGでそんな複雑な式にはならないか?)。

canvas.getContext("2d");

えらくハマったのでメモ。

canvasのgetContext()の引数は大文字、小文字を区別する。
だから、"2D"はダメで"2d"にしないといけない。

しかし、HexSheetのライブラリは"2D"と大文字で指定して動いていた。
なんでだろう? 謎すぎる?

JavaScriptでスタイルが取れない?

今日覚えたことのメモ。

JavaScriptでスタイルをセットするときは、
var element = document.getElementById("Hoge");
element.style.display = "none";

という風にできます。
ただ、上と同じように「element.style.display」でスタイルを参照するとHTMLのタグのstyle属性でセットしたものしか撮れません。CSSなどで指定したスタイルを取る場合は次のようにする必要があります。

var element = document.getElementById("Hoge");
var style = element.currentStyle || document.defaultView.getComputedStyle(element, '');

これ、「||」でつないでいるのは意味的に分かりやすいけど、何かすごい気がする。

MacのコマンドラインでJavaScriptを実行

忘れないうちに、もう1件メモ。
ひょっとしたらコマンドラインでJavaScriptの実行を確認できるんじゃないか、と思ってgoogle先生に聞いてみたらMacはコマンドラインからJavaScriptを実行できる。
osascriptコマンドを使うと良い。


$ osascript -l JavaScript NameSpaceTest2.js

調べた時に思い出したけど、1年くらい前にも1回調べていた。
確かその時はコマンドラインだとdocumentオブジェクトが使えなかったから諦めたような気がする……。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。