スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かおグラMaker Java版 つづき

昨日公開した「かおグラMaker Java版」のバグをいくつか修正しました。

一つは昨日からわかっていた問題で、瞳の色が変わらないというやつです。これは直感的にウインクとかを追加した時に編集したデータをオリジナルのデータで上書きしているんだろうな、と目処がついていたので大した問題ではありません。単純なミスです。

で、これを修正したあと自分で画像を編集していて気がついたのが、開発環境(NetBeans)から保存した構成ファイルを通常の実行(Jarファイルの実行)で開くと読めないと言う問題です。何じゃこりゃ、とおもって調べたら、開発環境から保存したものはUTF-8(CR+LF)で普通に実行したのはSJIS(CR)で保存されています。後者はわかります。MacですからローカルのエンコーディングはSJIS(CR)です。しかし、前者は・・・、NetBeans自体がJavaで動いているからVMが一枚噛んでUTF-8ということでしょうか?
面倒なのでUTF-8指定で保存する様にしたんですが、開発環境から実行した時とJarを実行した時で改行コードが違うのはどういう事でしょう? UTF-8の改行コードはCR+LFじゃないの?
まぁ、ファイルは読めるから放置します。

更にその後気づいたのが、目の大きさを買えると瞳がはみ出すという問題。原因はすぐに気がつきました。オリジナルに含まれている画像の目の輪郭の彩色されている部分が瞳より狭いんです。
原因はわかりましたが対処が面倒くさい。とりあえず、白目の彩色されている部分からはみ出している所を透明にすれば良いか、ということで修正しましたが目をつむっている部分はちゃんと対処できていません。オリジナルはどうやってるんだろう? 結構面倒くさい事をしている気がします。
とりあえず、ウインクや表示無しの指定とのあわせ技で何とかなっている様なので当面OKかな?

という事で1日に3回も更新するはめになりました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。