スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紙芝居用JavaScriptプログラム

えらい久しぶりの記事。もう2年もほったらかしだった。
ゆっくり動画風の紙芝居を表示するJavaScriptのプログラムを作ってみた。
音声の再生ができないからゆっくりではないか?

インラインフレームで表示するのは良くない気がするのでリンク。
紙芝居のページ

気力があったらこれで『The Lunatic』の解説など作りたい。
というより、本当はそのために作ったんだけど。

備忘録(本題)
<input type='range' />の入力値は文字列で返ってくる。
よくよく考えれば<input>だから当然だけど、結構はまった。取得できる値が数値だと1が帰ってきたところに1を足すと11とかになって、何がおかしいのかしばらく悩んでしまった。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。